2005年09月08日

守備崩壊♪

昨日のキリンチャレンジカップ2005
日本 vs ホンジュラス戦
結果的に5-4で日本の勝利

しかし、勝ったグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)と素直に喜べる試合内容ではなかった
このスコアを見て野球か??と思ったのは私だけではないと思う

昨日は両国ともにみごとに守備が崩壊していた
特に日本のSBの二人はいただけない
サントスを起用するならば、別のDF(本職)を起用してもよかったのではないか?
武士顔の加地もしかり、サイドのDFが甘い上に宮本がSBのカバーに引っ張られ
ボランチ2人が上がりすぎでもともとスペースがありすぎたDFとボランチの間にボールを回され失点
また、中田英のありえないミスなど、コンディションが万全ではなかったといっても
許されないようなミスが失点につながった
中澤のコンディションもあまりよくなかったみたいだし・・・

一方、攻撃面では、試合前に俊ちゃんが言っていた、
英が上がりめで俊ちゃんが後ろからという状況にはならず、
チームとして機能し始めたと感じられたのは、
英が下がり気味にポジションをとり、縦へのボールを供給しはじめたところらへんからだった


今回の試合で結果を残せたのは
柳沢。あの2点は両方ともにすばらしかった
高原は点こそ決めたけど、後半からは存在感はまったくなく、
玉田、大黒もいまいちなかんじで終わってしまった
できれば、柳沢&高原ではなく、
玉田か大黒どちらかを使用した2トップがいいのではないだろうか??

稲本も全体的に結果を残せたとは言いがたい
中田浩は微妙。いいときもあったけど、素晴らしかったとはいえないだろう
これからも今までどおりの微妙な状況が続きそうだ
中田英はコンディションもよくなくミスもあったが、やっぱり絶対的存在な気がした
やっぱあの縦パスはすごいよ!!本当に
俊ちゃんとのコンビネーションも縦のラインになってから機能してたし、
やっぱ横並びよりも縦の関係の方がこの二人はいい

後半、小笠原が途中で入って、W中田ボランチになって全体が安定した気がした
中村→英→玉田→サントス→小笠原→ゴールexclamation×2exclamation×2
のコンビネーションは本当に素晴らしかった
小笠原は短い時間の中で充分アピールできたと思う

全体的に4点の失点はありえない
でも5点取り返して、逆転できたというのは大きな収穫になったといえるだろう
来月の欧州2戦
今回の反省点をふまえて、より成長した日本代表が見れることを期待しておこう

まぁオールスターなどの関係でメンバーは微妙に変わってしまいそうだけど
個人的には松井がみたいな~オガじゃなくて松井使ってください!!
そして今野もヨンでくれ~~~グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今回のMBPはDFを『ザル』といったTBSのアナウンサーに差し上げたい 笑
posted by ひまひま at 19:18| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー♪ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。